人気ブログランキング |

Japan has already failed.   ~財政破綻に立ち向かうサイト~ 
by わんだぁ(湾田雄三)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

時間革命 1秒もムダに生きるな

新品価格
¥1,430から
(2019/11/19 16:21時点)




反日種族主義 日韓危機の根源

新品価格
¥1,760から
(2019/11/14 11:49時点)




2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望

新品価格
¥1,650から
(2019/11/20 14:15時点)




大前研一 日本の論点2020~21

新品価格
¥1,760から
(2019/11/11 13:45時点)




知ってはいけない現代史の正体 (SB新書)

新品価格
¥896から
(2019/11/6 16:56時点)




米中激突 恐慌-板挟みで絞め殺される日本 (Econo-Globalists 22)

新品価格
¥1,870から
(2019/10/26 16:34時点)


















★過去の記事の探し方★
メインページに表示される記事は、最新の30記事です。過去記事は、「以前の記事」で月別か、「カテゴリ」別に検索又はキーワードによる検索も可能です。ただし、過去記事は時点修正していません。法改正等最新情報をご自身でご確認下さい

庶民向けセーフティネット
★湾田事務所の相談室★

ブログ管理人の連絡先メールアドレス
wanderrc2003@gmail.com
本webサイトの管理人と連絡を取りたい方は、上記のメールアドレスまでお願いします。ご相談の場合は秘密厳守いたします。

人気ブログランキング投票
ブログランキング11月13日現在、第13位(最高順位は4位)
★赤い文字をクリックしていただけば、順位が上がります。
最新のコメント
最新のトラックバック
巨大地震に対して想定など..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
住宅ローン金利 住宅ロー..
from 住宅ローン金利 住宅ローンの..
野田義彦首相は、詐欺師で..
from ニュースを読まねば
お金の教養講座に行ってき..
from 株式投資で資産をコツコツ増や..
嫌われ者の役人や政治家に..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
日本国財政破綻Safet..
from oryzaの環境備忘録
震源域東側はどこか
from ホームレス大学生
「資料。2011。。一国..
from この国の社会のバランスを維持..
「「46..........
from この国の社会のバランスを維持..
40%非不胎化であった2..
from ookitasaburouの日記
成長率をめぐる都留下村論争
from ookitasaburouの日記
ユーロは消滅するのかしな..
from 国家破綻研究ブログ
日本の財政状況は悪化 政..
from 国家破綻研究ブログ
日本国財政破綻Safet..
from oryzaの環境備忘録
日本国財政破綻Safet..
from oryzaの環境備忘録
日本国財政破綻Safet..
from oryzaの環境備忘録
崩壊していく陸海空の企業
from 連山改
個人向け国債はハイリスク..
from 経済や投資に関するなぐり書き..
国債と金利の歴史 あるい..
from ookitasaburouの日記
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2019年 10月 02日

1558.銀行で取り付け騒ぎが起こる日

ゆうちょ銀行の預け入れ限度額が今年の4月1日から1000万円が1300万円に変更になっています。一時、2000万円にする、という話もあったのですが、銀行協会の圧力で潰されました。以前の限度額1000万円は、ペイオフ1000万円の根拠になった、というのは知る人ぞ知る話です。国が郵貯の限度額1000万まで保証するのだから(郵貯は当時は破綻しないと考えられていた)銀行も同じように1000万円まで国が保証しろ、という理屈です。さて、ペイオフが実際に発動された事例が1回だけあるのをご存じでしょうか。以下引用です。

2010年9月10日、日本振興銀行が経営破綻した。これにより、初のペイオフが発動した。日本振興銀行は預金商品が定期性預金のみで、決済システムを持たなかったことから、全預金者の3%程度ながらも数千人が、適用の対象になるとみられている。(Wikipediaより引用)

日銀は金融緩和をやり続けて、ついにマイナスの金利にしてしまいました。FRBやECBが金融緩和を勧めていけば、日銀はさらにマイナス金利を深掘りする、という話が以前、ありました。国内の銀行というのはどこも苦しい。正規社員はどんどんリストラしてパート従業員に置き換え、店舗の統廃合、ATMの廃止などがすでに行われています。地銀などは本当に苦しくなれば、合併が今後どんどん進んでいくかもしれません。さらに、一般の預金者にもしわ寄せが来ることも考えられます。以下のような記事があります。

日銀が実際にマイナス金利を深掘りすれば、その影響は企業や個人の預金にも及ぶ可能性がある。一段の金利低下で利ざや収入が落ち込む銀行が、預金口座の維持・管理手数料の徴収に動きかねないためだ。現在の預金金利はほぼ0%のため、手数料を取られれば実質的に預金金利がマイナスになることもありえる。

マイナス金利政策は、銀行が日銀に預ける当座預金の一部に「罰金」を科すことで、お金を融資や投資に振り向けさせ、経済の好循環につなげるのが本来の狙い。貸出金利は下がるため企業は低い金利でお金を借りられるメリットを得てきた。
(途中略)
日銀の鈴木人司審議委員も8月の講演で預金金利の実質マイナス化の可能性に言及した。企業が預金を減らすために借入金を返したり、個人の消費マインドを冷え込ませたりしかねないと懸念を表明した。
マイナス金利政策の導入以降、銀行界が苦境を訴えても、さほど世間の同情や関心は高まらなかった。ただ預金するのに手数料がかかるとなれば、これまでの風向きが変わるかもしれない。(2019年9月6日、日経電子版より引用)

実際、3大メガバンクなどは、預金手数料(マイナス金利)の検討を進めており、実施も時間の問題かもしれない。地銀はメガバンクの動向を横目で見ているようです。仮に、本当に銀行がマイナス金利をやるとなれば、現金の保有量の少ない小さい支店では「取り付け騒ぎ」が起こるかもしれません。

銀行の預金金利がマイナスになれば、けっこう多い中規模の資産家(金融資産2000万~5000万円程度)クラスは、ゆうちょ銀行とタンス預金、一部は金などの貴金属に流れる可能性がある。ゆうちょ銀行は限度額1300万円を超えて預金できないということは、物理的にありません。「お願い」のはがきが自宅に届くだけです。無視すればいいし、時間稼ぎにはなる。ペナルティなどはない。そのような日が本当に来るかもしれません。私は50パーセント以上の確率でマイナス金利はあるだろうと考えています。

# by rc2003 | 2019-10-02 19:10 | 資産防衛 | Trackback | Comments(5)
2019年 10月 01日

1557.消費増税と何となく財政破綻の微風

10月1日から、消費税が一部軽減税率のものを除いて10%になりました。安倍首相は、「自分が総理でいる限りさらなる消費税増税はない」と明言しました。最長2021年まで、つまりあと2年以内の再増税はない、ということです。しかし、財務省は最終的には、消費税22.5~25%あたりをねらっているらしい。自民党内部(多分、自民党税調)では、次の増税はどのタイミングにしようか、などと話しているようです。次々に消費増税を繰り出さないと、日本の社会保障制度は持たない、と一部エコノミストは言っています。税率10%を越えたら、計算をわかりにくくするため、0.5%刻みで上げてくるでしょう。次回の税率アップは多分、12.5%になると思います。

今回の増税では、公明党が強く要請した軽減税率の仕組みは複雑で、「混乱が生じれば(公明党の)支持者が離れる」といわれています。公明党の支持母体は創価学会と自民党不支持の保守や浮動票の一部です。創価学会の選挙活動は強力だ。学会信者には低所得者層や社会的に恵まれていない人が多く、食料品をわざわざ8%に据え置いたのは、こうした人たちに配慮し、支持を引きつけるためと、いわれています。小売店にはレジの改造・購入など大きな負担がかかる。公明党は自分らの支持者のことしか考えていない迷惑な集団だ。

しかし、今回の制度わかりにくい。9/30にスーパーのカートに山盛りにお茶のボトルを買っていた老人とか、風呂に入れるゆず(ゆず湯)は10%だが、食用のゆずは8%、ノンアルビールは8%などややこしい。もっと猥雑なのはポイントカード還元です。店舗の規模などにより最大5%が還元される。ただし、キャッシュレス決済とその対応店が条件だ。東京オリンピックを前に日本でもキャッシュレス化を推進しようという狙いなのでしょう。増税するもスタート時点ではマイナスなのです。ただし、期限は来年の6月30日までの半年らしい。オリンピックのインバウンド客には恩恵を与えない。わざわざアプリをダウンロードするとか、小金の支払いにクレジットカードを使うとか面倒くさい。増税にともなう各種還元策については、TBSのひるおび(ワイドショー)を見た限りでは、批判的な報道でした。

増税前の駆け込み需要が盛り上がらなかったのは、もともと消費が弱いからだ、と多くのマスコミは指摘していますが、増税後は消費はさらに細るという意見もある。増税分を価格に転嫁できない企業が多く、価格への影響は小さいと国民は考えているのではないでしょうか。経済評論家の荻野博子氏は10/1のダイヤモンドオンラインの記事で、「景況感がだんだん悪くなっている。しかも、給料が上がっていきそうな期待がない」と述べています。結局、軽減税率対象商品以外はだんだん買わなくなる。在庫が溜まって安売りせざるを得なくなる。要するに、デフレはいっそうひどくなっていくのではないでしょうか。


# by rc2003 | 2019-10-01 19:52 | その他 | Trackback | Comments(7)
2019年 09月 30日

1556.祝・阪神タイガースCS進出決定!

日本全国1億2千万人の阪神タイガースファンの皆様、CS進出確定(3位)おめでとうございます。最後の6試合、奇跡の6連勝、まことにあっぱれでございました。

8月頃から今年はAクラスはムリだろう、とあきらめておりました。セ・リーグのどの球団と比べても打線が迫力不足です。かなり見劣りする。期待された先発投手陣も相手より先に失点し、相手チームの一戦級の投手はなかなか打てない。相手の先発がおりる6~7回になってようやく反撃を開始する。逆転勝利、サヨナラ勝ちが多かったのも今年の特徴でした。

さて、今年は10月になっても野球を楽しめる。CS(クライマックス・シリーズ)は、10月5日から、横浜でのDNA(2位)との3連戦です。1stステージを勝ち抜けば、次は読売ジャイアンツだ。難敵です。しかし、もはや失うものはない。2014年の例もあるがこれは、外国人助っ人ら打線が爆発したからだ。今年の阪神の野球を一言で言えば「ねばりの野球」だと思います。ぜひ粘り抜いて、日本一を目指して下さい。

# by rc2003 | 2019-09-30 22:07 | その他 | Trackback | Comments(4)
2019年 09月 12日

1555.国家として小学生レベルのいじめをする韓国

以前、「韓国は中2病」と多くのメディアが報道していたのを覚えておられるかと思いますが、中2どころか小学校低学年レベルではないかと思います。以下の記事をご覧下さい。

韓国の京畿道議会は、道内の各学校が保有する特定の日本企業の製品に「戦犯企業」のステッカーを貼ることを公認する条例を10日可決した。ステッカーを貼るかどうかは生徒らが話し合って決め、「正しい歴史認識」を養う機会にするという。(途中略)対象とするのは、韓国の政府機関が、日本統治下で朝鮮半島出身の労働者を意に反して働かせた「戦犯企業」と認定した284社の製品。1万8千円以上の製品を対象とし、文房具などは含まない。(朝日新聞電子版より引用)

あまりにも幼稚な内容なのでまともに相手にする気にもなりません。小学校低学年のいじめみたいなものだ。蚊にさされたほども感じない。日本製品排除とか言っているが、重機などの建設機械や、農業機械、半導体製造装置、ロボット工作機械、カメラやオフィスで使われているプリンター複合機などの装置などあらかた日本製品だ。日本製品を完全に排除したら石器時代に戻ることもわからない小学生以下の知能レベルだ。

この種の記事は山ほどあります。「国際オリンピック委員会(IOC)は11日、来年の東京五輪・パラリンピックの会場などで旭日旗の使用禁止を求める書簡が韓国政府から届いたことを認めた上で、「大会中に懸念が生じた場合にケース・バイ・ケースで対応していく」と声明を出し、静観する方針を示した(ロンドン時事より引用)

まだあります。「韓国パラリンピック委員会が12日、都内で行われたパラリンピック選手団団長会議で「旭日旗」をほうふつさせるとし、パラリンピックメダルのデザイン変更を大会組織委員会へ要望した(日刊スポーツ、9/12より引用)」メダルデザインの画像を見ましたが、どこをどう見ても旭日旗には見えません。ここまでくると、幼稚園児がダダをこねているようなレベルです。国家としての品格も何もあったもんじゃない。

韓国の人は朝日新聞の社旗を見たことないんですかね。あれはどこからどう見ても旭日旗そのものだ。ご丁寧に大阪本社と東京本社ではデザインが左右逆になっている。太陽の中に、「朝鮮」の「朝」の字が入っているから、大目に見ているのでしょうか。ちなみに、朝日新聞社の韓国支局にはこの社旗は掲げてないそうです。掲げればいいのに。韓国人は朝日新聞を自分と同族と思っているから、何も言わないでしょう。

私はたま~に、朝日新聞の電子版をのぞいて、見出しだけ読みますが(本編記事はほとんどが有料になっている。値段は知らないけど)相変わらず、反政府的な記事が多いですね。つい最近まで会社にいた、元国鉄労組のオッチャンは、「アカと呼ばれようが、政府を批判する新聞は必要だ」と自信を持って言っていたのを思い出しました。サヨクの老人は筋金入りが多い。まあ、あと20年もすれば、こういう人たちは、ほとんどがいなくなる。そのときが朝日新聞廃刊の日になるだろう。

あ、話がそれた。韓国から朝日新聞に話が飛びました。すいません。いずれにしましても、韓国は日本への嫌がらせ、それも小学生レベルのものをかなり手数を出しています。国際社会にもうったえているようですが、だんだんみんなから相手にされなくなっている。反日は結構だが、あまりやると国の品位を下げるだけなので、やめたほうがいい。あの程度のことしかできない、ということは韓国の報復措置というのはもうほかにはない、ということだと思います。お気の毒に。

# by rc2003 | 2019-09-12 19:30 | その他 | Trackback | Comments(9)
2019年 09月 11日

1554.台風15号災害を顧みて思うこと

第四次安倍内閣が9月11日、発足しました。そんなことより、台風15号で被災した千葉県のことが気がかりです。国土交通大臣は公明党の指定ポストのようだが、要するに、無難な人であれば、置物でも何でもかまわない、と考えられているらしい。現場の国土交通省は、災害時には、全国各県に400くらいある事務所に職員が立てこもって、情報収集し、采配しているが、実際の防災業務は、市町村の所管になる。市町村の手足となって動くのは消防団(消防署)や、地元の建設業者とその下請け業者たちだ。そして、それらを統括するのが都道府県の役割になる。

さて、千葉県南部の停電は9月9日に始まり、今日で3日目に入りました。まだ50万世帯以上が停電しており、完全に復旧するのがいつなのか目途も立っていないという…。まことにお気の毒です。しかも台風が暑い空気を持ってきて、各地で35℃以上の猛暑日が連日続いているのにエアコンも使えない。テレビの報道画像を見ると、コンクリートの電柱が真ん中の少し下あたりでポキポキ折れて道路沿いの電柱がすべて倒れてしまっている。観測史上最大の強風が吹いたとマスコミは伝えているが、こんなふうにやられると、復旧にも時間がかかるわけだ。

国土交通省は「国土強靱化計画」の予算の中にいろんなものを潜り込ませ、屁理屈のつくものなら、何でも国土強靱化と称して旧来型の公共事業も潜り込ませているそうだ。こんな、災害のたびに焼け太る役所はいらない。強靱化事業はすべて都道府県に全額国費を投入してやってもらうべきだ。国土交通省など土木研究所などの研究施設と本省機能だけ残して、研究や基準づくりをやればいい。残りの職員は全国に4万人くらいいるらしいが、アメリカの工兵隊にならって、陸上自衛隊と統合すればいい。いざ災害時には真っ先に現場へ駆けつけて陣頭指揮をするのが技術屋のプライドというものだ。国土交通省の採用試験は公務員試験などでなくていい。頭デッカチな人間はいらない。測量や設計をやっているコンサルタント会社や建設会社から、ガタイの頑丈な人間をスカウトしてくればよい。


このたびの千葉県の被災でもわかったが、電線の地中化は最優先ですべきだ。電柱をなくせば道幅も広く使えるし、地震時も安心できる。街の景観もスッキリする。いいことばかりだ。住宅密集地からどんどんやっていくべきだ。

ゴルフ練習場のネットの支柱が倒れて、多くの家を直撃した悲惨な災害があったが、おそらく、昔は田んぼの中にゴルフの打ちっ放し場がポツンとあって、宅建業者がそのすぐそばまで宅地にして分譲したのだろう。家があとから来たのだ。その逆は考えにくい。だとすれば、すべてゴルフ練習場の責任にするのも酷な話だ。宅地の分譲業者にも道義的責任はある。(法的責任はないかもしれないが)家を建てた個人にも自己責任というものがある。この事案は法廷で長引くことだろう。

治水事業は莫大なカネがかかるが、国直轄の大きな河川は中小河川に比べると相対的に安全だ。もっと二級河川や中小河川にカネをつぎ込むべきだ。道路事業は自動車産業の発展と、二人三脚で伸びてきたが、地方の道路はもういいだろう。これからは人が減っていくのだ。しかも地方・過疎地ほど減り方が大きい。しかし、地方の自治体で、その町の最大の産業は建設業、という町は全国の2/3くらいはある。そういう自治体は公共事業を欲しがる。自民党はそういう地方にカネを配ることで大きくなってきた政党だ。田中角栄がその基礎を築いたとされる。地方の公共事業費は政治的に大きく削れないことになっている。それをやった民主党は3年で潰れた。日本の国家予算は社会保障費が支出の2/3を占める。防衛費も増やさなくてはならない。この財政難の時代に頭の痛い話だ。


# by rc2003 | 2019-09-11 08:13 | その他 | Trackback | Comments(5)
2019年 09月 09日

1553.平和ボケしたサヨクを震撼させる文在寅の野望

youtubeなどには、フェイクニュースやトンデモ情報が山ほどあって、真偽を見極めるのが難しくなっています。例えば、「みずほ 韓国 破綻」と入れるとずらずらとたくさんのヨタ情報が出て参ります。要するに、みずほ銀行が韓国に物凄く貸し込んでいて、韓国が金融破綻すれば、韓国向けのみずほの債権がふっとんで、みずほ銀行は破綻する…というような懸念ですが、憶測の域を出ていないともいえるが、あり得ない話でもない。真実は直前まで表に出てこない。メジャーなメディアが扱い始めたらもはや手遅れです。

例えば、次のような記事はどうでしょうか。出典は「AERA.com、2019.9.2」です。

韓国空軍は「1000キロ圏」での制空権確保を目標としており、その圏内には東京が入る。韓国空軍の代表が米国防総省を訪れ、空中給油機の売却を要請したこともある。米国側が「北朝鮮の奥行きは300マイル程度。給油機は不要では」と問うと、「東京を爆撃する際に必要だ」と言い放ったという。国防総省の担当者は驚いて日本側にそれを伝え、給油機は売らなかった。

だが韓国空軍は欧州のエアバス社製のA330給油機4機を発注、最初の1機は昨年11月に到着した。韓国空軍は「独島防衛に有効」と言っている。このほか、爆弾や対地ミサイルを最大11トン積める複座の戦闘爆撃機F15E(韓国用はF15K)59機を保有する。かのB29の最大9トンを上回る積載能力で、戦闘行動半径は1250キロ。空中給油無しでも東京を爆撃できる。

以上は、フェイク・ニュースではありません。韓国は、帝都東京の空爆を真剣に考えているのです。おそらく、標的は皇居とその周辺でしょう。米軍基地などではない。日韓同盟というのはもともとありません。韓国が日本を攻撃するのは何ら制約はない。日米同盟があるが、米韓同盟もあるので、二つの同盟のはざまで、米国は逡巡するはずだ。米軍は自軍基地が攻撃されない以上、動けないのではないか。

もともと韓国が日本を攻撃することを想定していないからだ。おそらく、帝都攻撃をやるには、中韓安保条約、南北朝鮮軍事同盟を極秘裏に結んでいる可能性がある。もし、米軍が朝鮮半島を攻撃すれば、米国主要都市を大陸間弾道弾(ただし、弾頭は通常にあらず)で攻撃する、と北が米国を脅せばどうでしょうか。日本を攻撃したのは北朝鮮ではなくて、韓国だから、日米安保の対象外になる。トランプが1年以上、北朝鮮を放置したために、すでに長距離弾道弾を相当数(おそらく数十発)配備しているはずだ。中韓で日本海の制海・制空圏を抑える。北朝鮮人民軍のテロリストが日本の新幹線など鉄道網を破壊し、渋谷でサリンをまき、日本海側の複数の原発を破壊するかもしれない。

ムンジェインという男はそこまで考えている可能性がある。危険人物なのです。キムジョンウンどころではない。キムはおそらく朝鮮人民解放軍を指揮統括できない。「お飾り」のようなものだ。弾道ミサイル発射現場では、軍の幹部に愛想笑いをしていた。真のトップではあるまい。しかし、ムンはそうではない。彼は真の独裁者なのだ。タマネギ野郎が検察と裁判所を押さえ込む。韓国が民主国家というのは大いなる幻想だ。冬ソナブームのちょっと前の20数年前まで軍事政権の国だったのだ。占領憲法を74年もありがたくいただいている、平和ボケの日本とは違う。ムンの目的は、日本への復讐だろう。日本に一撃を加えて、これは植民地支配のお返しだと言うだろう。その後、和平に持って行く。日本国の元首にどうしても謝罪させたいのだ。全面戦争になったら、ソウルが焦土になるから、それはやらない。頃合いをみて中国が手打ちさせる。自衛隊が専守防衛で報復攻撃ができないことを彼らは知り抜いているのだ。今こそ、日本国憲法は韓国の軍事的脅威に備えなければならないと思います。再度言うが、日本は「普通の国」にならなければならない。





# by rc2003 | 2019-09-09 22:53 | 未来予測 | Trackback | Comments(11)
2019年 09月 05日

1552.今から金投資を考えている皆様へ

日本FP協会の会員向けページの9/5付け記事に「金を組み入れた分散投資の効果と留意点」という特集がありました。その中から、一部を引用し、再構成して以下に掲載しましたので、ご参考となさって下さい。

2019年8月6日、大手貴金属商の消費税込み金地金小売価格(=販売価格)が1グラム当たり5,437円と、1980年2月以来、約40年ぶりの高値を付け、金投資に対する関心が高まっています。

金は、世界的に政治・経済情勢が激動し、国が発行する通貨(特に基軸通貨である米ドル)に対する信認が揺らいだとき、あるいはその信用度が低下したとき、歴史的にどこの国でも、またいつでも一定の価値が認められてきた、信用リスクのない金に対する需要が高まり、価格は上昇してきました。


具体的に見てみると、金価格が自由に決められるようになった1971年以降で、価格が大きく上昇したのは次の6つの時期です(第2次世界大戦後、1971年までは金ドル本位制の下、1トロイオンス(31.1035グラム)=35米ドルという公定価格制が採られていました)

(1)1973年~1974年にかけての第1次オイルショックの時期
(2)1979年~1980年の第2次オイルショックを契機に中東情勢が大きく緊迫した時期
(3)1982年から1983年にかけてのメキシコ債務危機の時期
(4)1985年以降のドル安、ドル不安の時期
(5)2002年以降の米国を中心とした対テロ戦争およびドル不安の時期
(6)2008年9月のリーマンショック以降の国際金融危機の時期

このように、金価格は米国の金融政策とも密接にリンクしていることがわかるのではないでしょうか。また、金価格が本格的に上昇しているときというのは、決していい経済状態とはいえず、株式や債券、預貯金などの価値が大きく値下がりしたり、実質的に目減りしかねないときです。こうしたときに金を保有していると、金価格の値上がりで他の資産の目減りをカバーすることが期待できるようになります。

金は、世界中で取引が行われている国際商品の1つです。このため、金価格を決定するのは、ある国における需給関係ではなく、世界全体における需給関係です。また、金の国際価格は米ドル建てで表示されているため、日本で投資する場合は、金価格の変動そのもの以外に為替相場の影響を強く受けます。海外市場でドル建て価格が変動しなくても、円高・ドル安になれば国内金価格は値下がりし、円安・ドル高になれば国内金価格は値上がりします。国際金価格の変動と為替相場の変動、この両者が国内の円建て価格を決定することになります。

金は、分散投資の観点からは、いざというときに財産保全の役割を果たしてくれます。この点に注目する場合、金投資の基本は、国際情勢や経済情勢が安定しているときにコツコツと購入し、危機的な状況が起きたときに高値圏で売却するということになります。危機的状況がいつ起きるかは分からないので、投資期間としては長期投資が前提になります。買い方としては、一度に大量に買うよりも、購入時期を分散して買い付けたほうが、高値づかみが避けられ、リスクを軽減できます。

ただし、金は平時においてはあまり価格が動きません。また、金は誰の債務でもないので、ただ単に保有しているだけでは利子や配当などのキャッシュフローを生みません。このため、資産全体に占める割合が大きくなりすぎると運用効率が悪くなります。この点で、欧米での古くからの経験則が教える資産の5~10%を金で持つという考え方が参考になると思われます。

つまり、金は、何か危機的な状況が起きたときのリスクヘッジの役割、あるいは資産全体の価値を保全する保険の役割を果たしてくれるといえます。したがって、将来の国際情勢や経済情勢に対して不安を持つ場合は、金も運用資産の中に入れておいたほうが安心感が高まります。

ここで理解しておく必要があるのは、「強いドルは弱い金、弱いドルは強い金」という対応関係にあるということです。米ドルと金の国際価格は基本的に逆相関の関係になっており、ドル高のときは金価格(国際価格)が下落、ドル安のときは金価格(国際価格)が上昇する可能性が高くなります。

関連して、金はただ単に保有しているだけでは利子を生まないため、米国の金利上昇は金価格の下落要因、金利低下は金価格の上昇要因になります。このため、金投資を考える場合、特に数年程度の運用期間を想定する場合は、米国の金融政策の動向に注意を払う必要があります

ひとくちに金投資といっても、いろいろな取引の仕方があります。大きく分ければ、金を実際に保有する現物取引(現物商品)と先物取引に分けられます。現物商品としては、金地金、投資用金貨、純金積立が代表的です。売買コストを考慮すると、まとまった資金で投資する場合は金地金(1キロバー、500グラムバーなど)が有利、小口の資金で投資する場合は金貨(メイプルリーフ金貨、ウィーン金貨ハーモニーなど)が有利、毎月3,000円以上といった少額の資金で積立式に投資する場合は純金積立を利用する、というのが基本です。他に、金現物の保有にこだわりがなければ、金価格と値動きが連動する金ETF(上場投資信託)もあります。

金先物取引は、少額の資金(証拠金)で多額の取引ができ、基本的には短期売買でハイリターンを目指すリスクの大きい取引です。短期的な金価格の変動に投資する取引であり、投資金額以上の損失を被ることもあり得ます。ここまで述べてきた資産価値を保全する保険としての役割を果たしてくれる金投資とは異質の取引であり、十分な注意が必要です。

【AERA with MONEY】毎月3000円で純金投資 (AERA増刊)

新品価格
¥1,080から
(2019/9/5 15:45時点)


いま金を買わずしていつ買うのか! (東京五輪後の危機に備える資産防衛法)

新品価格
¥1,620から
(2019/9/5 15:49時点)


# by rc2003 | 2019-09-05 07:34 | 資産防衛 | Trackback | Comments(5)
2019年 09月 04日

1551.消費増税間近もはや、あきらめの境地

10月1日からの消費増税まで4週間を切りました。メディアの情報によると、予想に反して駆け込み需要があまり盛り上がっていないようです。我が家は6月に新車を購入しましたが、これは増税とは関係が無い。8月に13年目の車検なので、やむなく。家電や家具は去年あらかた買い換えた。外壁と屋根の塗装も終わったし、リフォームもやった。当分大きな出費はない。一番危ないのはメイドインチャイナの富士通のパソコンでしょうか。まだ1年ちょっとだが、動作が不安定だ。やっぱり中国製の安物はだめかも。家で使っているパソコンはだいたい5年くらいでだめになる。もっと寿命の短いのもあったかもしれない。

食料品は軽減税率の適用で税率据え置きなので買い置きする必要が無い。せいぜい洗剤とか化粧品など、値の張る日用品くらいでしょうか。でも2%上がるからといって、買いだめなどしても仕方が無い。これが案外本音かもしれない。しかし、新聞が軽減税率というのはおかしい。産経と読売と日経はまだしも、毎日と朝日と中日(東京)や某離島の一部地方紙などの反政府系新聞は、ペナルティで税率を20%に上げればいい。ついでにいえば、NHKとTBSとテレ朝は偏向しすぎて、韓国人が喜ぶ放送ばかり流して、電波の無駄遣いをしているので監督官庁(総務省)は日本人向けの放送をするよう指導した方がいい。来週の組閣では、総務大臣は名の知れたところでは、萩生田光一氏あたりが適任ではないだろうか。

前回の税率アップは3%だったが、今回は2%アップだ。気持ち的には重税感がさほどでもないような気がする。まして、食料品は上がらないわけだし。駆け込み需要がない、ということは、もともと需要がないのではないか。だとすれば、10月以降は買い控えで、ますますいろんなものが売れなくなる。我々のような下級国民は、買い控えするまでもない。食料品以外買うといったら、日用品と衣料品くらいだ。つきつめて考えると、「欲しいもの」と「必要なもの」を賢く選別できれば、安上がりな生活ができる。

悪いことに、年金の財政検証結果の発表がつい最近あった。年金だけでは老後資金が足りないのは明らかだ。NISAなどの説明会が若い人の間で盛況だそうだ。私みたいに60を過ぎた人間には積み立てNISAもi-Decoも関係ないが、若い人はそうはいかない。資産防衛に走るしかない。消費はますます細るのではないだろうか。

政府(財務省)は10月の増税だけでは不足だとして、資産課税(預金税、贈与税、相続税など)に手をつけてくるといううわさがあります。すでにキャピタルフライトの出口は、ほぼふさがれた。しかし、消費税を3%(1989.4.1)→10%(2019.10.1;予定)にあげるのに30年もかかった。もう当分、消費増税は言い出せない。野党が言っているように、現預金を持て余している法人への課税も考えているかもしれない。ジム・ロジャーズ氏が言っているように、日本はこれから坂を滑り落ちていくように貧民国に落ちぶれていくのかもしれません。


# by rc2003 | 2019-09-04 07:45 | 資産防衛 | Trackback | Comments(2)
2019年 08月 29日

1550.新種の浸水被害に国は対応策を

佐賀県の浸水被害はかなり酷いようです。浸水深の最も大きかった武雄市にスーパーボランティアの尾畠春夫さんが行ったというネット情報を見ました。しかし、今回の被災地で、知りうる限り最も悲惨なのは大町町のようです。鉄工所から約7万リットル以上の油が流出し、排水できずに水と油が溜ったままになっている。油の流出は人災の可能性もある。地下のタンクから流出するというのは、過失の度合いを調べながら管理責任を調査していくことになると思います。でも今はまだそういう段階ではない。

油の流出事故は大洋ならともかく、閉鎖水域では、①吸着マットの投入、②中和剤(要するにママレモンのような界面活性剤)の投入、③柄杓で汲み出す、④オイルフェンスで拡散を防止、くらいの方法しかありません。①と②は局所的には有効ですが大量の場合は④と③しかありません。要するに人海戦術しかないのです。ポンプで川に放流すれば水深の浅い有明海の海苔養殖などは全滅です。莫大な漁業補償を請求される。一部、田んぼに流出したという情報もある。相手が国、県ならともかく、鉄工所には気の毒だが個人の責任をとわれる可能性もある。順天堂病院や湛水域の家屋にも補償しなければならないかもしれません。火災の場合とは違うのです。

おそらく油の回収は10日以上はかかるでしょう。自衛隊が人員を投入すれば、1週間くらいで目途がつくかもしれない。カネに糸目をつけなければ、水と油をいっしょくたにバキュームポンプ車で吸い上げ、全量を産廃処理。(早いが、誰がカネを出す?)要するに、今までに経験したことのない、日本で初めてのタイプの浸水被害になるものと思われます。今後は、地下タンクの浸水対策も求められることになるでしょう。被災地域の1日も早い回復を祈念いたします。

# by rc2003 | 2019-08-29 20:36 | その他 | Trackback | Comments(2)
2019年 08月 27日

1549.戦争と政治の臭いがする年金制度

年金制度はわかりにくい、という声をよく聞きますが、私が読んで最もわかりやすかった本は「年金の基礎知識」(自由国民社)という本です。服部営造さんの著作で、「基礎知識」というが、実際は年金の実務者、年金相談を受ける側(社労士など)のための本です。700ページ以上もあって、毎年改定するのは不可能に近く、2年おきに改定発行されていました。私も古いのは人に譲ったりしましたが、2013年度版が手元にあります。どうもこれが最後らしい。この本は服部先生入魂の著作です。新刊が出るたびに買っていましたが、2013年を最後に出ていないようです。年金の本音の部分が読み取れる。年金は制度改正が毎年行われており、私は、年金アドバイザー3級の基本書(銀行業務検定協会)を、合格してからもほぼ毎年買っていました。服部先生の泥臭い本音の部分が抜け落ちているが、これがその次にわかりやすい。2400円くらいでそんなに高くはないが、10月の試験に合わせて、出版がギリギリの7月中旬だ。間違っても「日本年金機構」のHPは読まない方がいいかと思います。かえってアタマが混乱する。

さて、一般のサラリーマンが多く加入している厚生年金保険から話に入りますが、厚生年金保険(労働者年金保険)が始まったのは1942年6月1日の戦時下でした。2年後には厚生年金保険と名前が変り、事務職や女子も加入できるようになった。貯蓄が奨励されていた時代で国民から集めた郵便貯金や簡易保険は全て戦争遂行のためにまわされた。富裕層は戦時国債を半強制的に買わされ、戦後、それらのすべてが紙くずになったのはご承知のとおりです。郵貯や簡保だけでは足りず、勤労者のフトコロからも厚生年金という形で徴収した。どうせ死んでしまえば年金は払い戻しが不要だ。かつての日本国はその程度の国だったのです。軍人恩給があって、官吏には恩給があって、勤め人にも何かあってもいいのではないか、くらいの発想だったと考えます。

国民年金が始まったのは、1961年4月1日からです。当時は第二次池田内閣。勤め人に年金があって、農業従事者(や自営業者)には何もないのか、ということで始まったのが国民年金です。これこそ究極のバラマキといっていいでしょう。「掛けた額の何倍にもなって還ってくる。ゼッタイ得する」というのが当時の売り文句だった。主として農民対策だった。以上が、年金の基本です。「賦課年金」などというのは後付けだ。国会で議論になって、厚生省の官僚があとからとってつけたからそういうことになった。もともと、積立方式とか、賦課方式などという発想は発足当時にはなかった。

自民党が瓦解して民主党に政権をわたすきっかけになったのも年金記録問題でした。本人を特定出来ない年金記録が5000万件以上あることがわかったのが2007年5月だった。漢字姓名を適当なカタカナで入力し、本人特定ができなくなったり、結婚して改姓後も放っておいたのだ。当時の厚生省の社会保険事務所では、どうせ、本人が年金を受け取りに来る数十年先には「ワシは退職しておらんけぇのう」程度の発想だったのでしょう。違いますか。厚生省は厚生労働省になり、社会保険庁は日本年金機構になり、社会保険事務所は年金事務所になった。彼らは独法ではない。財団法人でもない。非公務員型(民営化ではない)の特殊法人というわけのわからない人種になった。私も仕事柄時々電話して確認するが、彼らは専門知識はおろか実務経験もあまりないようだ。ほとんどが給料の安い契約社員が対応している。これが今の年金実務の現場です。

8/27、年金の財政検証が記者発表されていました。年金に関しては、数回に分割して書いていきたいと思います。
(文責:年金アドバイザー、フィナンシャルプランナー  湾田雄三)

# by rc2003 | 2019-08-27 21:37 | 年金問題 | Trackback | Comments(4)
2019年 08月 16日

訃報

京都大学客員准教授でエンゼル投資家の瀧本哲史さんが8月10日にお亡くなりになったことを今日の共同通信のネット記事で知りました。享年47歳。早すぎる死です。著書、「僕は君たちに武器を配りたい」を読んで感銘を受けました。ツイッターでは8月8日に本人と思われる書き込みがありました。あまりにも突然の訃報です。謹んで瀧本さんのご冥福をお祈りしたいと思います。合掌。
         8月16日 わんだぁ


僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

新品価格¥514から(2019/8/16 18:06時点)


# by rc2003 | 2019-08-16 18:03 | その他 | Trackback | Comments(3)
2019年 08月 14日

1548.台風10号接近!

台風10号がゆっくりと北上を開始しました。気象庁が大雨の注意喚起をしています。(連続の)最大雨量が1000ミリから1200ミリに上方修正されました。それがどのあたりで降るのか言わなければ、単なる脅しであり、あまり意味がない。すでに一部地域が暴風域に入り、雨量レーダーでみると雨が九州から北関東まで広く分布しています。予想進路では15日の午前中、四国の西部に上陸し、広島を直撃した後、出雲市あたりに抜け、日本海をさらに北上するようです。あれだけ狭い予報円がハズレることはまずないでしょう。

1200ミリの雨なんて、聞いたことがない。1.2メートル降るわけですから。どこかで深刻な被害が出るかもしれない。特に、瀬戸内海側は雨に弱い。太平洋側は打たれ強いが瀬戸内では1日に300ミリも降ると、1級河川でも氾濫してしまうかもしれない。15日は満月ですが、瀬戸内海は満潮の時刻に注意しなければなりません。あと心配なのは風ですね。今回の台風、超大型から大型になりましたが、ご用心下さい。

さて、韓国のムンが反日政策で自国を引き締めようとして息巻いていますが、日本が本気になれば韓国を経済破綻させるのは難しくありません。ただ、やりすぎると日本の品位を落とすだけなので、ある程度は自重するしかない。安倍首相は韓国を本気で叩くつもりなのかわかりませんが、歴代の首相とは明らかに違う。しかし、国際世論は弱者に同情的なのです。WTOだってわからない。1965年の日韓条約もWTOはスルーするかもしれない。韓国のような中進国に比べれば日本は圧倒的な強国です。相手はしつこく手数を出してくるかもしれないが、安倍さんが国内世論をみながらどこまで我慢するかでしょうね。

今日、「韓国研究学者のスコット・スナイダー氏は、いまの日韓対立は、文在寅大統領が国内政治のために対外政策を政治利用し対日関係を犠牲にしたことに原因があるとの見解を語った」という報道がありました。ネタ元は産経新聞ワシントン支局です。ソウルで慰安婦被害伝える式典が行われましたが、ムンは出席せず、メッセージを送っただけで、 日本の加害責任に触れなかった、という情報もあります。(共同通信より)ムンも国内で、反日が過ぎる、と与野党から叩かれたのが少しはこたえたのかもしれない。

韓国の大統領を弾劾にかけるには議会の2/3の賛成があればよいそうですが、ムンには大統領の任期を最後までまっとうしていただきたい。韓国の経済と国際的信用をボロボロにして、最後は国民から石つぶてを浴び、パククネのように投獄されて惨めな最期となることを望みます。ナマンダブ、ナマンダブ。



# by rc2003 | 2019-08-14 08:10 | その他 | Trackback | Comments(19)
2019年 08月 11日

1547.盆休み

8月8日が立秋だったそうですが、まだまだ酷暑が続いています。台風10号が南の海上に停滞して、盆帰りのリターン客の足を狙っています。3連休の方は明日までですが、長く休める人は9連休らしい。日本の会社は有給休暇もなかなか取れないですから、こういう時こそゆっくりしていただきたいと思います。

盆休みなので肩の凝らない雑談をいたしますが、私は、NHK大河ドラマ「いだてん」をBSで夕方6時から毎週観ています。確かに、話がグチャグチャで視聴率が上がらないのもうなずける。今、1932年のロス五輪をやっています。当時、日本は130余人の選手団でこれは開催国アメリカに次ぐ人数だったそうです。金メダルも7個(うち水泳で6個)獲得していて、金メダルの数は国別で5位です。先々週、5.15事件(1932年)が勃発し、日中戦争は1937年に始まる。韓国が「日本の植民地支配」と称する日韓併合は1910年にすでに行われています。朝鮮半島の人々にあそこまで恨まれるのなら、放っておいて、ロシアにでも占領されていればよかったんだ。ロシアに占領されていれば、おそらく今でもロシア領でしょう。

話はそれましたが、NHK大河では戦争の描写はないが、時代背景から考えてオリンピックどころではなかったはずだが、ドラマでは、朝日新聞がオリンピックをバックアップし、国威発揚をあおったことがいいように描かれている。(その反動で戦後朝日は極左反日新聞になった)1936年のベルリン大会はナチス政権の下で行われ、1940年の東京大会は流れてヘルシンキで開催された。その後、戦乱期を経てわずか24年後に東京五輪が開催される。大河ドラマはそういう流れで後半、進むのだと思いますが、1932年当時で日本の国力はおそらく米英に次いで世界2位か、3位だったのでしょう。米国に無謀な宣戦布告をしたのが最大の過ちだった。開戦当時でも国力の差は歴然としていて、今の北朝鮮が米国に挑むようなものだ。外交努力で何とかならなかったものか悔やまれます。日米開戦がなければ、日本の国際的地位は今とは違ったものになっていたでしょう。

8月になって、広島と長崎の原爆の日があり、15日は敗戦の日だ。厳密に言えば、ポツダム宣言受諾の日は8月14日だからこの日を敗戦の日というべきかもしれない。15日は単に盂蘭盆で、皆が集まるので、昭和天皇の玉音放送を流した日だ。昭和天皇の戦争責任はうやむやになっているが、戦争に行った私の父親は知覧で敗戦の日をむかえた。「昭和天皇の戦争責任は非常に大きい」と言っています。国鉄に勤めていた伯父は広島駅で被爆した。2人のいとこは被爆二世だ。

先日8/3、NHK-Gで、「この世界の片隅に」を観ました。たいへん悲惨な映画だった。この映画は100年先も残るだろう。是非、世界中の人に観てもらいたいと思います。それでも、朝鮮半島の人は「戦争を起こした日本が悪い」とおそらく言うでしょう。あの国には正しい歴史はない。独立戦争で日本から独立を勝ち取ったなどと嘘で固めた歴史教育をしている。大韓民国は日本の力で一度、国家破綻させるしかない。そうならないと互いが理解し合うということはないでしょう。

お盆が近づくと、毎年、敗戦の惨めなそして悲惨な過去を想い出してしまいます。戦争が終わって74年たつのに心は癒やされない。

# by rc2003 | 2019-08-11 23:12 | このwebサイトの主張 | Trackback | Comments(6)
2019年 08月 01日

1546.暑中見舞い

7月後半に約2週間夏休みを取っていました。7月最終週に遅い梅雨明け宣言が発表され、俄然暑くなりました。月が変わりましたが、8月15日頃までは全国的に酷暑が続くらしいとの予報なので、どうかお体に気をつけて下さい。

休んでいた間も世の中の動きはウォッチしていました。参院選もありましたし、いろいろありましたが、いいニュースはありませんでしたね。

7月31日、FRBが10年半ぶりの利下げに踏み切りましたが、利下げの打ち止め感が強かったのか、市場の不興をかい、NYダウは大幅に下げました。「世界景気の減速と貿易政策の不透明感がリスクだ」とFRBパウエル議長は言っていますが、再選を目指すトランプは不快感を隠せません。株価をムリヤリ吊り上げるようなことをしてもかえって谷が深くなるばかりなのですが、トランプは強引に株高に持って行って、大統領選を優位に運ぼうとしています。

それにしても、世界的な緩和競争に入ったといわれていますが、FRBの利上げが、0.25%で打ち止めとたいしたことなかったので、為替は動かず、日銀は胸をなでおろしていることでしょう。FRBに思い切った手を打たれても、日銀には動きようがないからです。30日、黒田日銀総裁は、金融政策を現状維持するとしました。もはや「口先緩和」くらいしか手がありません。ETF買いもマイナス金利の深掘りも副作用が怖く、もうこれ以上は無理、という限界近くまできています。そもそも低金利だから低成長が続いているのですが、今の日銀には出口戦略は極めて困難である、と多くのエコノミストが指摘しています。もうどうしようもないところまで来ているのでしょうか。

さて出口がないといえば、日韓問題です。最近、デイリー新潮の鈴置高史氏や元駐韓大使の武藤正敏氏などがネットやテレビで正論を発信しています。この8月は日韓問題も正念場になるでしょう。韓国は不当な経済制裁と声高に叫ぶが、国際法違反には聞く耳を持たない。韓国は絶対に折れない。従って日本も降りることはできません。ムンの大統領任期はまだ3年近くある。日本が次々に制裁カードを切っていけば韓国は経済破綻する可能性があるのですが、ムンにとって自国の国益など問題ではない。北のキムと同根なのです。キムも一族の保身しか考えていない。自国民などどうでもいい。まあ、このような国はどちらも長くは持たないと思います。

さて、暑さはこれからが本番です。寒いのが苦手な私は暑さには比較的強い。むしろ体調がいい。暑い日中は首のまわりを冷やせば快適です。通販でそういう商品もありますが、タオルでもいい。あと水分補給を十分にとらなければなりません。「のどが渇いたな」というのは遅い。早めの水分補給をしましょう。暑さもお盆くらいまでがヤマでしょうか。この夏も乗り切りましょう。

自己啓発をやめて哲学をはじめよう

新品価格
¥1,404から
(2019/8/8 15:02時点)


# by rc2003 | 2019-08-01 08:10 | その他 | Trackback | Comments(4)
2019年 07月 18日

1545.MMT理論を実証している日本

最近、MMT(現代貨幣理論、と訳す)なるものが、メディアに出回るようになりました。米国では大論争になっているようです。シムズ理論と同じ系統と思われます。ウィキペディアによると、米国の民主党やニューヨーク州立大学のS.ケルトン教授らが言い出した新しい理論のようです。7/18の日経朝刊でMMTの特集を組んでおり、ケルトン教授の説と3人の方々の対立する意見が掲載されています。まず、日経電子版からMMTの定義を引用しますと、以下のようになります。

▼MMT 「Modern Monetary Theory」の頭文字を取った経済理論。通貨の発行権限を持つ政府は自国通貨建て債務の返済に必要なお金をいくらでも調達できるので、財政赤字を膨らませても問題ないとする。米民主党左派が支持して注目された。

MMTの要点は、通貨発行権を持つ政府はデフォルトのリスクや財政制約はない、ということだと思います。ケルトン教授は、MMTが正しいと証明しているのは日本であり、「アベノミクス」がまさにそれに近い、と述べています。日本では量的緩和は20年以上やってきましたが、2012年に自民党が政権を奪還した後、「アベノミクス」と称する異次元緩和に踏み込んで行ったのはご承知のとおりです。2%のインフレを目標にしていますが、±0.5%程度の物価上昇率で、いまだデフレから脱し切れていません。黒田日銀総裁は2%は厳しいので目標を1%に下げようか、みたいな話もしています。

ちなみに、なぜ2%という数字にこだわるのか、について、吉田繁治氏の近著「臨界点を超える世界経済」の中から引用してみます。「日本政府と日銀が目標としている1年2%の物価上昇は、向こう50年では64%のインフレになり、1000兆円(の国の借金)は、360兆円の価値に下がり、640兆円分が密かに返済されたようになる」というわけです。成長戦略が奏功し、毎年2%の成長率が見込めれば、問題はない。しかし、逆の見方をすれば、経済成長のないインフレというのは普通はない。日本のGDPの成長はこの20年以上、横ばいです。給料だってほとんど伸びていないではありませんか。
 
富士通総研の早川英男氏は、日経紙の中で「国債発行額が増えれば金利は上がる。これが価格のメカニズムであり金利という価格の制約が国債発行の限界をもたらすはずだ。「国債発行に限界はない」というMMTの考え方は間違っている」と述べています。

東京財団政策研究所の小林慶一郎氏は「日本の債務残高がこれだけ膨らんでいるにもかかわらず、国債価格が暴落したり、インフレが起きたりしていないのはなぜか。主流派の経済学では説明のつかない現象が起きているのは確かだ」懐疑派のようですね。MMTを全否定してはいない。

残る1人、法政大学の小黒一正氏は、浅井隆氏と2016年に共著の「預金封鎖、財産税、そして10倍のインフレ!!」という破綻本を出していますから、改めて書くまでもないでしょう。チ~ン!

日本国の累積赤字がGDPの何倍になったら、財政破綻するのか、という議論はナンセンスです。日本国はすでに経済学史上未踏の地を歩いています。MMTが異端であれ何であれ、為政者にとって都合のいい理論であることは間違いないということだと思います。

# by rc2003 | 2019-07-18 19:14 | 日本国債と政府債務問題 | Trackback | Comments(5)
2019年 07月 17日

1544.消費増税の結果、日本経済は大失速するという予測が多い

参議院選挙がまったく盛り上がらない、という声を各メディアでよく聞きます。野党は自民党の敵ではない。自民党が怖いのは世論の声だ、といわれています。台風5号が接近していて日本列島の西側を通る予報になっていますが、投票率に影響するかもしれない。台風が日曜日に大雨を連れてきたら、自民党には文字通り、大きな追い風になる。

有権者の声は、①年金などの社会保障、②消費増税、などとなっていますが、消費増税は自民党が選挙公約にかかげているので、選挙後に、これをおろすのは難しいかもしれない。今がリーマンショックの時のような状態にあるのだ(経済評論家、森永卓郎氏など)という声もあります。私はアメリカの株価がパンパンに膨らんでいつ破裂するのか毎朝、NYの株価を見るたびに恐ろしくなります。もう日本の株価はNYに連動しなくなった。と、言うより米国株の上昇スピードについて行けなくなった。

日本の株価はもう上がらないという指摘もあります。日経ヴェリタストーク(7/17、日経電子版より)によると、①参院選後に安倍首相とトランプが密約した貿易交渉の結果が明らかになる、②消費税10%に日本の多くの企業は耐えられない、③米-イラン情勢の地政学的リスク、の3つをあげています。私は、日韓経済戦争も加えてもいいかと思いますが、ここのところ日本の株価がさえないのも理解できます。参院選がおわると、一時的にどちらかに大きく動くかもしれません。しかし、消費増税は景気失速の大きな引き金になるような気がします。以下のようなことを言う人もいます。

政府は財政赤字を気にせず景気対策に専念すべきだと主張し注目を集めている「現代貨幣理論」(MMT)をテーマにしたシンポジウムが16日、東京都内で開かれた。提唱者の一人であるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授は講演で「財政赤字は悪でも恐怖でもない」と強調し、日本が10月に予定する消費税増税を「適切な政策ではない」と批判した。

ケルトン氏は、政府は財政収支の黒字化を目指すのではなく、雇用の拡大や所得増加に注力することが望ましいと強調した。一方で、歳出拡大を通じて過度なインフレに陥らないよう留意する必要があるとも指摘した。(共同通信社、2019/07/16 19:43より引用)


そのとおりかもしれないが、どこか他人事のようにも聞こえる。私は、日本が増税して、そのカネを幼児教育無償化などにあてるのはどうかと思いますね。増税してばらまくくらいならやめた方がいい、と思います。教育は親が行う投資です。どうしてもその政策をやりたかったら、カネ持ちやカネを持て余している企業に課税すればいい。それが平等というものではないでしょうか。新聞が増税の対象外なども疑問だ。朝日や毎日などの反政府系の新聞は通常どおり増税して廃刊に追い込めばいい。

いずれにいたしましても、「アメリカの株高が世界経済のリスク要因、世界経済が不安定な中、最後の宴になるリスクがある」(日経電子版、前田昌孝氏)という意見もあります。参院選が終わり、8月になると、いろんな動きが出てくるのではないでしょうか。

黄金の相場予測2019 パーフェクト ストーム

新品価格¥1,620から(2019/7/4 10:21時点)


# by rc2003 | 2019-07-17 08:15 | このwebサイトの主張 | Trackback | Comments(2)
2019年 07月 09日

1543.参院選後は韓国に制裁を徹底的にやるのではないか

最近、ワイドショーなどでも、経産省の韓国に対する経済制裁に関して報道されることが多くなりました。日本の制裁発表から約1週間経って、韓国が反撃してきたことが要因と思われます。毎日新聞を筆頭に朝日などは韓国に対する制裁を批判する社説を堂々と書いています。毎日新聞は社員の1割の200人のリストラを決めたようですが、こんな反日の記事ばかり書くから良識ある日本人が読まなくなるのです。朝日よ、お前もだぞ。紙の新聞はそう遠くない将来、なくなると思いますが、最初に廃刊になるのは毎日だと思う。週刊誌はやや日和見的に、文春などは「ブーメラン制裁」などと、面白がって書いている。週刊誌というのは売れればいいのであって、売れることが正義だと勘違いしている、ジャーナリストの良心のかけらもない集団です。日韓問題が炎上して大騒動になったほうが週刊誌が売れる、くらいに考えているのでしょう。

話がそれましたが、5大新聞は5つのテレビ局と系列関係になっています。新聞社とテレビ局は歴史的な観点から見ると、新聞社から派生してテレビ局が登場したという見方もできます。フジサンケイは資本関係がありますが、読売系列、朝日系列はグループ会社です。テレ東は日経と提携関係、毎日もTBSと提携関係にあります。

その毎日の系列であるTBSは日曜朝8時から「サンデーモーニング」という極左の番組をやっています。MCの関口某をはじめ、コメンテーター5人全員が経済制裁反対と発言していたのには開いた口がふさがりませんでした。ちなみに、この番組は韓国籍の張勲(日本名張本勲、在日韓国人二世)が野球以外はシロウトのくせに傲慢をかましまくるスポーツのコーナーでもっている。いやしくも日本のマスコミならなぜ、日本の立場に立った中立公正な報道ができないのか。

9日、経産相は、韓国のムンが日本の半導体材料の輸出規制強化の撤回と「誠意ある協議」を求めたことについて「協議の対象ではなく、撤回は全く考えていない」と語りました。ムンは頭がおかしいのではないか。正気で言っているのなら、これは日本に喧嘩を売っている。ムン大統領になって約2年になるが、その間、韓国が日本にしてきた仕打ちを考えれば、さすがの我慢強い日本も今回は選挙対策上、遺憾砲で反撃するのをやめて、「ホワイト国」はずしをやっただけだ。欧州でも同じ扱いを受けているではないか。

9日、韓国はWTOへ文句を言いに行ったようです。こういう時だけフットワーク軽いな。日本が朝鮮労働者の大法院判決に基づく日本企業の資産差し押さえに日本が協議を申し入れても半年以上、知らん顔を決め込んでいたくせに。韓国のこういう利己的なところが嫌いなんだ。しかし、日本も堂々と反論すればいい。

今回は、軍事転用可能な品目の管理を徹底するための「日本国内の運用の見直し」なので、「撤回」という言葉は、「ホワイト国」はずしを撤回しろ、という意味になる。これまでの経緯から考えても、撤回に向けた協議など応じられないのは当たり前の話だ。今、参院選のまっただ中にあるので、あまりに過激なことはできない。やりすぎるとかえって自民党票が減る。しかし、選挙が終われば、もはや日本もだまってはおれまい。次はおそらく金融庁の通達の出番だ。ユーチューブなどを見れば、フェイクニュースの山だが、金融制裁に関するものも多い。それらをみれば、具体的に細かく書いてあるので、ここではふれませんが、安倍首相はムンの日本国に対する仕打ちには腹に据えかねるところがあって、3品目だけではすまないぞ、という強い意思を感じます。

追加
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00570667-shincho-kr
このデイリー新潮の記事が秀逸です。



# by rc2003 | 2019-07-09 19:36 | その他 | Trackback | Comments(24)
2019年 07月 05日

1542.日韓経済戦争の今後について

日本の経産省が発表した、半導体材料の韓国への事実上の輸出規制は韓国内では蜂の巣をつついたような大騒ぎになっているようです。元々韓国という国は日本に対して被害者意識が強い。そこへ寝耳に水のような日本からの制裁だ。韓国には甘えがあった。韓国国民は1910年の日韓併合を植民地支配と称して恨んでいるが、それ以前に、未だに秀吉の朝鮮出兵(侵略)を深く根に持っているような国なので、もともと冷静な話し合いなど難しい。

安部首相はいわゆる従軍慰安婦にかかる日韓合意の韓国側からの一方的な破棄をはじめ、韓国の数々の暴挙、決定的になったのは、日韓基本条約を踏みにじる韓国大法院の朝鮮労働者への補償をめぐる判決、日本企業の資産差し押さえなどがよほど腹に据えかねたものと思えます。約半年以上にわたり100余りの韓国への制裁を慎重に検討させ、ついに実施にこぎつけました。

日本は韓国が報復してきたら、粛々と法にのっとって次々に制裁を課していけばいい。半導体企業への制裁などまだ序の口だ。韓国への制裁カードはいくらでもある。ソウル共同によると「韓国の電機大手、サムスン電子が5日発表した2019年4~6月期連結決算(暫定集計)は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比56.3%減の6兆5千億ウォン(約6千億円)となった。売上高は4.2%減の56兆ウォン。世界的な半導体需要の弱まりが響いた」とあります。もともと半導体関連はスマホの低迷もあって、在庫がだぶついているはずです。ですから、今回の日本の措置は韓国が言うほど致命的にはならない可能性もある。自動車、造船、電機が韓国の3本柱といわれていますが、財閥支配の経済は厚みがないのは間違いない。

韓国の「ホワイト国外し」は法律改正が必要となるので、実施は8月以降といわれていて、猶予は1~2ヶ月あります。その間に韓国は日本に対して妥協案を出してくるか、といえば、それは難しい、と辺真一氏(コリアレポート編集長)はTBSの番組「ひるおび」の中で述べています。日本に譲歩するようなら、大統領は支持を失うし、ムンは元々日本に屈するよう人間ではない。韓国はおそらくどこかで降りるつもりはないでしょう。

日本は最悪(国交断絶)も念頭に、少しずつ韓国を締め上げていけば良い。74年以上たっても日韓併合の恨を未だに持ち続け、反日を国是にしているような国とは、つきあい方を考えたほうがいい。経済だけのwin-winの関係なんて元々ムリだったのです。さて、8月以降、報復の応酬がエスカレートしていけば、韓国はおそらく万事休すの状態になる。さすがにそこまでいけば、米国あたりが仲介に入るか、韓国が中国にすがるのではないでしょうか。

南・北朝鮮間で瀬取りを行うなど、北への国連制裁決議を堂々と破るような国だから、日本にとって安全保障上の問題は大きい。韓国とは情報共有もできない。その点に関しては韓国に大きな否がある。また日韓基本条約違反をあらゆる手を使って国際世論にうったえればいいでしょう。油断した方が負けます。敗北すれば国際的な信用が失墜し、経済的にも苦境に陥る。この戦いは決して負けられません。

# by rc2003 | 2019-07-05 18:02 | 警鐘を鳴らす | Trackback | Comments(8)
2019年 07月 04日

1541.参議院選挙の勝手な予想

参議院選挙が7月4日に公示され21日が投票日ということになりました。NHKニュースを見ていると、枝野立民党代表の発言のいいところだけが抜かれており、ここでもNHKの偏向報道が明らかです。どの部分をチョイスして放送するかで印象は全然違ってくるので、注意しなければなりません。

世代別に見ると我々より上の65~70歳代は労働組合運動に熱心だった世代で、旧社会党・共産党の支持層です。朝日新聞もこの世代に多く読まれています。60歳代前半はまだ働いている人が大半でしょう。働いていない人は、十分な資産を確保していると思われます。40歳~50歳代は、「2000万円問題」に敏感な世代です。30歳代は旧民主党の「悪夢の時代」をモロに浴びた、就職氷河期を経験した人たちです。民主党アレルギーが最も強い。20歳代はアベノミクスの恩恵をモロに受けた自民党支持層が多い世代です。

今回の選挙は参議院なので、どう転んでも政権交代はない。ただ、おごる自民にお灸をすえる意味で、有権者の何割かは、反自民という投票行動に出るかもしれない。大きい焦点のひとつは、消費増税の是非だと考えます。世論調査は、増税反対派が賛成派を10ポイント程度上回っているが、増税賛成はリタイアした層に多い。年代と投票率は強い相関があり、高齢になるほど投票率は高い。従って、増税反対の声が薄められてしまう可能性があるとみます。ただ、ややこしい軽減税率の導入と社会福祉への消費税の転用を主張した公明党は全ての世代から反感を買う可能性があるでしょう。

では「2000万円問題」はどうか。20代~30代は年金をもらうのは遠い先のようで実感がないと思いますが、年金だけでは2000万円不足すると言われると、黙ってはいられません。もともと若い世代は年金への不信感が強い。「2000万円問題」も麻生財相や安倍首相がうやむやにしてしまった。年金に関するきちんとした説明もできていない。これは自民党には大きなマイナスだ。

まるで選挙の公示日に合わせたかのように発表した、半導体材料の韓国への事実上の輸出規制、これは一見、政権にプラス材料のように思えますが、ブーメランになる可能性も取り沙汰されていますし、韓国側の動きが今の時点でよくわからない。今後の韓国の動向によっては投票行動に何らかの影響を及ぼすかもしれません。

安倍首相は外交面ではよくやっていると思いますが、選挙直前のG20ではあまりポイントを稼げなかった。特に2日目にトランプのツィート1本で成果が吹っ飛んでしまった。自民党の宿願で、安倍首相自身も執念を燃やす、憲法改正は議論の内容が国民にまで降りてきていないので、まだかなり時間がかかるように思います。材料視されないのではないか。

今回、反自民、反立民の受け皿になるのは日本維新の会ではないでしょうか。馬鹿なことをしでかした議員が複数名いましたが、対応が早かったし、時間も経って過ぎた話になった。日本維新の会の主張は大阪都構想を皮切りに道州制の導入です。その理念は、がんじがらめの規制で行き詰まった、官僚支配を打破し、日本を変えてくれるかもしれないという期待がある。

結論は、自民公明立民国民民主日本維新の会共産その他、と予想します。ただ、投票日までまだ2週間もあります。イラン情勢の悪化や南北朝鮮、中・露などの動きによっては、自民党がひとり勝ちする可能性もあるとみます。個人的には、日本維新の会が大勝ちしてキャスティングボードを握れば面白いなどと夢想しています。

# by rc2003 | 2019-07-04 19:29 | 未来予測 | Trackback | Comments(2)
2019年 07月 03日

1540.お知らせ

7月3日22時~23時 BS日テレ 深層NEWS▽日韓”経済戦争”に発展!?徴用工訴訟に対抗措置…半導体材料禁輸の影響

なお、CS日テレNEWS24で、24時から再放送されます。興味のある方はご覧下さい。

# by rc2003 | 2019-07-03 17:08 | その他 | Trackback | Comments(5)